1. ホーム
  2. 会社概要
  3. 田野直美プロフィール
  4. 田野直美 動画
  5. 田野会長インタビュー 第29回 2019年6月

田野会長インタビュー 第29回 2019年6月

自宅訪問のマナー2


トータルマナー株式会社、関西作法会、会長 田野直美が
自宅訪問のマナーについて対談しています。
是非、生の声をお聞きください。

~概要~

前回は「自宅訪問のマナー パートワン」ということで、
手土産の選び方や玄関での履物の扱い方などであった。

今回はパートツゥということで、手土産の渡し方についてである。

手土産を渡す際のポイントはいくつかあるが、まずはタイミングである。

基本は応接室で、訪問した目的の正式なあいさつをした後、イスに座る前に渡す。

ただし例外もある。
例えば、土のついた物・生ものなどは玄関先で渡す。

また、渡す際のポイントは、袋から出し、
相手の目の前で方向をかえて渡するのが正式である。

このあたりは、インタビュー動画をご覧いただくとわかりやすい。

ちなみに、相手の目の前で方向をかえるのは、
あらたまって差し上げますという敬意が伝わるからである。

また、悩みがちな手土産を入れてきた袋だが、
手土産の下に敷いて渡したり、
品物を渡した後に、「よろしければお使いください」と言って渡すと良い。

また、渡す時の口上であるが、
少し前までよく使われていた

「つまらないものですが」「お口汚しですが」

などは、現代では謙遜し過ぎといわれている。

そこで「お口に合いますかどうかわかりませんが・・・」
「お気に召すかどうかわかりませんが・・・」
などと言うと良い。

本日の対談動画の中では、
「玄関での手土産の渡し方」
「部屋へ通されてからの手土産の正式な渡し方」
「手土産を渡す際の口上」を動画でご紹介している

ぜひ、対談動画もご覧いただきたい。

今回のインタビューにて使用した動画
ワンコイン動画セミナー「自宅訪問のマナーPART2」