1. ホーム
  2. 一般マナー講習
  3. 研修メニュー

講座メニュー

マナーは真心のメッセージです。わたくしどもは、下記のようなテーマで講演研修を行っております。こうした事で困った経験はありませんか。さりげないマナーを身につけることは、心のおしゃれをすることです。輝いたあなたになるために、知識と身ごなしを学びましょう。

冠婚葬祭のマナー

1. 華やかな席にふさわしい結婚に関するマナー(婚)

肉親や身内・知人の結婚式やお見合いをはじめ、人様の仲人やお見合いのお世話を頼まれる機会もあることと存じます。
おめでたい事だけに決まりごとも多いもの。そんな時そつなくテキパキとふるまえますか。
結納も最近ではどんどん略されてきていますが、さて、どこまで略したらよいのか困ることはありませんか。

2. 人生の節目に関する慶事のマナー(冠)

冠婚葬祭の“冠”とは、かんむりをかぶること、つまり成人(元服)することを意味しますが、講座では妊娠中の「岩田帯」から「出産」「お宮まいり」「お食い初め」「七五三」「入園」「入学」「成人式」「結婚記念日」「長寿のお祝い」など、人生の節目、節目の行事に必要なマナーのあれこれをわかりやすく指導します。

3. 心のふるさと年中行事に関するマナー(祭)

生活がどんどん現代的に変わっていく中でも、お正月や節分、ひな祭り、端午の節句など日本人の心のふるさととも言うべき伝統行事は形を変えながらも、わたしたちの心のなかに生き続けています。
そうした伝統行事に息づく正しいマナーを身につけましょう。

4. 真心を贈る贈答のマナー①(金包み・のし・水引など)

冠婚葬祭のお付き合いで、もっとも気になるのが「お祝い」や「お悔やみ」に関する贈り物。贈り物のタブーは?金包みの上書きは何て書くの?金額は?最近の世間相場は?いつ贈るの?
この講座では、中元、歳暮、贈り物のタブー、金包み、のし、水引、上書きなど、特に興味深い内容を取り上げています。

5. 真心を贈る贈答のマナー②(正式なお祝い)

贈り物をさて、どう持って行けば良いのか、いざという時に困ったことはありませんか?その時の挨拶言葉はどのように言えばスマートで、心がこもった言葉になるでしょうか。台付ふくさ・切手盆の正式な扱いをご存知ですか?
風呂敷・ふくさ・広蓋などの伝統的な礼法と現代的な礼法をご指導します。

6. しめやかな心遣い弔問のマナー

突然の訃報を聞いて伺ったら、神式の葬儀やキリスト教式の葬儀。お参りの仕方に迷うことはありませんか?仏式でも正式な拝み方、お参りの仕方はご存知ですか。例えば、二連の数珠の使い方はおわかりですか?
弔事の服装(礼装、略装)香典、供え物、弔電、弔問のマナーは、しっかりと身につけておきたいものです。

7. 目的に合わせた服装のマナー

洋装・和装それぞれの正式な格順を知っていますか?黒留袖やイブニングドレス、どこに何を着ていきますか。 今日はちょっと略式で…と考えても、格順を知らなくては略せません。
入学式や卒業式、結婚式の最近の傾向は?おしゃれ(ファッション)と身だしなみは違います。どこまでが“おしゃれ”でどこまでが“身だしなみ”かご存知ですか?

日常のマナー

1. 温かいお付き合い 訪問・応接のマナー①(基礎編)

相手のお宅を訪問する時、手土産の「のし」はどうしますか?
また、それはいつ渡しますか?そのとき挨拶の言葉は?
玄関での履物の扱いはおわかりですか?どこで脱いで、どう揃えるのか意外に戸惑うものです。
お客様をお迎えする場合にも、当然応接のマナーが求められます。
全般的な訪問・応接のマナーを学びましょう。

2. 温かいお付き合い 訪問・応接のマナー②(洋間)

お邪魔をする先様、来客を迎える時、洋間と和室では当然マナーは異なります。
最近は洋間が増えていますが、さてこれだってきちんとしたマナーを知らなくては恥ずかしい思いをすることも…
洋間での上座、下座とは?ドアの扱い方、案内に仕方などをご指導します。

3. 温かいお付き合い 訪問・応接のマナー③(和室)

和室の場合は当然、ふすまや座布団のきちんとした扱い方の知識が必要。
座布団の前後、表裏はわかりますか?また、正式なのり方、おり方は?
手土産の扱い方、マナー違反の客の扱い方などを学びます。

4. 姿勢や歩き方で貴方が変わります。(基本姿勢)

姿勢は精神面、健康面に大きな影響を与えます。
美しい立ち姿、掛け姿、お辞儀の仕方、歩き方。身に付けたい(体得したい)ことはたくさんあります。特に心をかたむけたお辞儀は美しいものです。
お辞儀は相手に敬意を表したり、誠意をしめすもの。上手なお辞儀を身に付けましょう。

5. 挨拶上手で世界が変わる(挨拶・紹介のマナー)

たかが挨拶。でも挨拶にはとても重要な意味があります。
挨拶にはどんな意味があり、人間関係にどんな役割を果たしているか考えた事がありますか?
挨拶上手になれば、お付き合いがスムーズにいきます。新しい世界が広がり、
自分自身も変わります。
挨拶上手になる方法をお教えします。自己紹介や他人を紹介するマナーも覚えましょう。

茶菓と食事のマナー

1. すぐに役立つ茶菓のマナー①

日常茶飯事という言葉にあるように、お茶を頂くことは毎日欠かさず何度もあること。でも、いつもあるからといいかげんに扱うのではなく、おいしく入れて、毎日豊かな気持ちで過ごしたいもの。
客間でのお茶の入れ方、出し方、いただきかた。せっかくのおもてなしも正しいマナーを知らないばかりに緊張するばかり…では残念です。

2. すぐに役立つ茶菓のマナー②

お菓子の盛り方や菓子箸の使い方、懐紙の折り方、食べにくいお菓子や果物のいただきかたもぜひ知っておきたいものです。
洋菓子と和菓子では、当然マナーも違ってきます。お茶とお菓子を出すとき、
どちらを先に、また左右どちらに置けば良いのでしょう。